紫外線対策でアンチエイジング


紫外線(UV)対策でアンチエイジング

紫外線は、一年を通して降り注いでいます。特に日差しの強い夏の外出は、日傘をさしたり、つばの広い帽子を深くかぶるようにし、皮膚への紫外線の進入を極力防ぎましょう。 紫外線を浴びることによって起こる肌の老化を防ぐために、「日焼け止め」を欠かすことは出来ません。

しかし、「日焼け止め」に含まれている紫外線防止成分には、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」など、肌の弱い人にとって刺激の受けやすい成分が含まれており、場合によっては肌トラブルの2次的な原因を招くこともありますので、注意が必要です。

また、海水浴などで使用する場合、水や汗にも強く流れないような「日焼け止め」には化学合成成分が多く含まれている場合が多く、分泌される肌の皮脂分泌が抑制され肌を乾燥させてしまう可能性があります。

肌の弱い方や敏感肌の方は、紫外線防止成分による肌トラブルを起こさないために必ず、肌に合う化粧品を選ぶためのパッチテストを行いましょう。 パッチテストは、腕の内側など目立たないところに化粧品を塗り、2日後に赤くなったり、かゆくなったりしていないかどうか確かめてください。

日焼け止めを選ぶ際には、外出時の環境や状況をよく考えて、必要な紫外線カットにあったものを選ぶようにしましょう。


日焼け後の処置

強い紫外線を直接浴びて、肌に、赤く、ヒリヒリとほてっているような場合は、まず、氷などで冷やして炎症を鎮めましよう。 炎症が強い時は、刺激の少ない化粧水をコットンにたっぷり含ませしばらくお肌にのせておきましょう。 その後油分のクリーム軟膏など保湿剤を塗り、肌の回復力を高めるようにしましょう。 また、ダメージを受けた皮膚は、乾燥しており、肌の保湿が必要です。 しばらくすると、日焼けした部分の皮膚が剥がれてくるようなことがあっても無理に剥がさないようにしましょう。



夏の紫外線はお肌の大敵、シミのもとです。出来てしまってからでは手遅れ、早めのケアが大切ですね。昔は、日に焼けた小麦色の肌は健康的なイメージがありました。でも、今では、紫外線は百害あって一理なしという程、肌にとっては大敵です。

日焼けは、基本的に軽いやけどと同じなので、ダメージを受けた肌には、早めのケアが大切!特に、夏の日焼けで、肌が、赤くなってヒリヒリするほどなら、まずは「氷水」につけたタオルを顔にのせて冷やすことが大事です。これをお肌のほてりがおさまるまで何度も繰り返します。

また、日焼け後の肌は水分も油分も失われがちなので、パックや乳液など、保湿効果の高い化粧水や美溶液でお肌に充分なうるおいを与えるようにケアしましょう。

紫外線対策は、日差しの強い季節だけではなく、基本的には1年中必要です。月ごとの紫外線量は春先から徐々に増えつづけ、5月ごろから夏場にかけて高い状態が続きます。ちなみに一日のうちで、最も紫外線量が増加するのはAM9:00-PM4:00の時間帯とされています。天気の良い、日中のお出かけには、日焼け止めやUVカット効果の高いファンデーションでお肌を守るようにしましょう。


紫外線を浴びるとシミの原因となる肌の細胞を守ろうとする防御反応を起こす

これからの季節、お肌にあたる日差しが気になる季節です。紫外線に長時間お肌をされされることによってできる原因となるしみについての予防法です。アンチエイジングとしみは、切っても切れない関係。美容とアンチエイジングを実行するためは、しみ対策は避けては通れないことかもしれませんね。

お肌が直接紫外線を浴びると肌の細胞を守ろうとする防御反応によって、しみの原因となる黒いメラニン色素、メラノサイトが、細胞の中で活性化されます。その活性化されたメラノサイトの活動によって、メラニン色素が皮膚細胞の表層に、しみを形成するのです。

ですから、天気の良い日に直接お肌に紫外線をたくさん浴びるようなことがあれば、きちんとしたケアが必要になります。まず、しっかり、お肌に水分を補給してあげること、そして、アンチエイジング効果の高い美肌成分を含む化粧品を利用されることをおすすめします。アンチエイジングのために、しみだけでなく、シワ対策も同時に加齢による美容において、美肌を保つために必要です。


20歳をピークに肌の代謝は衰え始めます

肌の代謝は、成長ホルモンの分泌が減り始める20歳頃を越えると急激に衰え始めます。 それは、肌の代謝機能を促す成長ホルモンの分泌が減り始める事が原因とされ、その後は、加齢によりその機能が低下して、シミやシワ、くすみなどの肌老化が進んでしまうのです。

最も、肌を老化させる一番の原因は「紫外線」とされ、紫外線を直接受けることによって、「日焼け」や「シミ」が発生し、肌の内側からも老化させてしまいます。 特に夏は、このお肌のトラブルに深く関わっている紫外線対策を十分行うことが必要です。 強い紫外線を浴びた時の皮膚は肌の水分が失われて表皮が剥がれやすくなっています。

基底層では、紫外線によって多量のメラニン色素が作り出されこれがシミやソバカス、くすみの原因となるのです。 特に近年、環境汚染によるオゾン層の破壊で紫外線の照射量が増加し、皮膚がんや肌の光老化、免疫力低下など、紫外線が身体に悪影響を及ぼすことがわかってきました。

紫外線を浴び続けると次第に角質層が肥厚して肌から透明感が失われていきます。 真皮中の弾力を保つコラーゲン線維を変質させるためしわが発生します。

 紫外線はUVA・UVB・UVCの3種類に分けられます。 「UV 」とは、UltraViolet の略で、電磁波のうち、波長がおよそ14~400ナノメートルのものとされています。 オゾン層破壊によって地表まで到達する紫外線は、年々、増加しているのです。

この3つのうち、人体に影響を与えるのは「UVA」と「UVB」の2種類とされています。

UVA は、真皮にまで達したんぱく質を変性させます。シワ(しわ)の原因にもなります。皮膚の加齢を加速させます。UVAによる日焼けは紅斑(赤み)を起こさず、後になって日焼けを起こします。

UVBは、皮膚に直接、多く浴びると炎症を起こしヒリヒリする事があります。その結果、日焼けを起こします。
そして、肌の表皮に大きなダメージを与え、メラニンを大量に発生させます。メラニンは通常、肌の表面に浮き上がって角質と一緒にはがれ落ちてしまいますが、量が多くなると処理しきれなくなって沈着し、シミ・そばかすの原因になります。

日焼けは、「皮膚がん」を引き起こす原因とも言われています。


セラミド成分は肌の乾燥、紫外線などから大切な肌を守ります

人の皮膚の最上層には角質細胞というものがあり、 細胞間にはレンガと同じような隙間が存在します。 角質細胞を支えるためには、その隙間を埋めるモルタルが必要で、そのモルタルの役目をしているのが細胞間脂質です。

セラミド成分は、肌の乾燥、紫外線、埃などから皮膚を守り、表皮を健康に保つバリアとなり、肌の潤いを保つために欠かせない成分です。 皮膚の角質層を構成する細胞間脂質で最も多い成分がセラミドで、 約40~60%を占めています。

このセラミドも加齢につれて減っていくことが、知られています。 20歳の時に、セラミド含有量が100とすると、50歳では約3分の1にまで、減ってしまうといわれています。




美容とアンチエイジング対策

いつまでも若々しく、潤いに溢れた肌作りの為に欠かせない毎日のケア。 美肌を保つためには、日頃からお肌のためのアンチエイジングのためのケアは欠かせません。 美容とアンチエイジングのための近道は、毎日の健康的なお肌の管理と美肌への追求精神。 美容とアンチエイジングに関する知恵袋情報、シミ・シワ・たるみなど、若返りに関する情報など、抗酸化作用の高める美白効果の高い化粧品のご紹介とともに、最新の情報をお届け致します。 サイト運営者:HIromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス