アンチエイジングのためのシミ・そばかすと紫外線

シミとそばかすの違い

シミとそばかすにはどんな違いがあると思いますか?

遠目で見ると見分けがつかないのが、しみとそばかすです。

子供のときに出来るのが、「そばかす」で、大人になってできるのが、「シミ」だと考えていただいても正解と言えるでしょう。

シミとそばかすの生成過程は、どちらもそう大差があるわけではないのです。

両者とも、肌が紫外線などの刺激を受けることによってメラニン色素の影響で発生します。ただ、シミの場合、大人の女性に多くみられ、ほほや、額、目の周りなどにあらわれやすく、比較的左右対称に出来る傾向が見受けられます。

そばかすの場合は、幼児期、特に思春期に見受けられ、目の周りやほほに、米粒ほどの斑点が多数広がっているような状態のものをいいます。

しみの原因は、紫外線や精神的なストレス、また、妊娠時などにホルモンのバランスが崩れたりすることによって出来ますが、そばかすの場合は、顔などの他、手の甲、腕、背中などにも小さな褐色の斑点の多数見られます。

紫外線とシミ・そばかすの関係

シミが皮膚がんを起こす原因になるのではなく、シミを作らせる要因ががんと結びついています。シミを作る原因の一つ「紫外線」です。ここ数年、上空のオゾン層が破壊され、体に浴びる有害な紫外線の量が増えているのです。

ある研究結果では、オゾン層の厚さが1%減ると、地上の紫外線量は約1.5%増加するといわれ、年々数%ずつ、地球をおおうオゾン層が失われているそうです。

太陽から受ける紫外線量が増えると皮膚がダメージを受けることによって老化が進み、しみ、シワ乾燥などの症状が現れ、皮膚の代謝が低下する原因となり免疫機能の低下により皮膚がん(悪性の黒色腫)へと変化する場合があるのです。

極端にいえば、紫外線は、がんを引き起こす危険な放射線と考えることも出来ます。今後は、降り注ぐ紫外線量が更に増えることが予想され、十分な紫外線対策をする事が何よりも大切となります。

お子様のいらっしゃるご家庭では、小さい頃から健康と日焼けについての正しい知識をきちんとあたえるようにして、極端な日焼けは避けるようにし、肌と体の健康を少しでも守るようにしてあげていただきたいものです。

アンチエイジングシミのための健康生活習慣


毎日の食生活からシミを作らないようにする予防法として、その味方となるのが、ビタミンCです。ビタミンCには、シミを作るもととなるメラニンの生成を抑える働きがあり、肌を健康にしシミに対する抵抗力をつけてくれます。

最近では、多くのサプリメントが溢れています。その中でもビタミンCが最も認知度が高いのではないかとも思われるくらいたくさんのビタミンCサプリメントがあります。また、ビタミンCは、メタボリック症候群の予防としても利用されており、その抗酸化作用により悪玉コレステロール(LDL)の酸化を防ぎ血液を清浄化、コレステロールが高めの人や血圧が高い人にすすめられています。

ビタミンCの一日の必要摂取量

ビタミンCの一日の必要摂取量は、成人の方で、100mg(参考:キウイや柿、約1個分)といわれています。

ビタミンCは、水溶性のため、一度に必要以上摂取しても、尿から排泄されるために、効率よく効果を発揮するためには、毎日こまめに摂る必要があります。また、ビタミンCは、熱に弱く非常に壊れやすい特徴を持っており、ビタミンCを含む食材を調理する場合、あまり熱を加えることを避け、サラダや生のまま食べることをおすすめします。

喫煙・煙草は、体内のビタミンCをとても消費します。喫煙習慣のある方は、シミを防ぐための美肌と健康の為に、ビタミン欠乏症に注意しましょう。

ビタミンCが豊富な食品

いちご、キウイ、グレープフルーツ、パパイヤ、オレンジブ、ロッコリーなど



美容とアンチエイジング対策

いつまでも若々しく、潤いに溢れた肌作りの為に欠かせない毎日のケア。 美肌を保つためには、日頃からお肌のためのアンチエイジングのためのケアは欠かせません。 美容とアンチエイジングのための近道は、毎日の健康的なお肌の管理と美肌への追求精神。 美容とアンチエイジングに関する知恵袋情報、シミ・シワ・たるみなど、若返りに関する情報など、抗酸化作用の高める美白効果の高い化粧品のご紹介とともに、最新の情報をお届け致します。 サイト運営者:HIromi


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス